育毛剤の種類と効果

育毛剤の比較ランキング

育毛剤の種類とそれぞれの効果・効能を紹介しています。

育毛剤TOP > 育毛剤 > 種類と効果

育毛剤の種類と効果

育毛剤の種類は、成分から見てより多様に分別することができます。こちらはより専門的になりますので、参考までに理解していただければと思います。

種類 効果 成分
男性ホルモン抑制剤 脱毛の原因をブロック エチニルエストラジオール、スピロノラクトン、オキセンドロン、ジエチルスチルベストロール、冬虫夏草エキス、フラボステロン、ホップエキス、エストラジオールなど

髪の製造工場である毛母細胞を阻害する男性ホルモン(5αリダクターゼ)を抑制することで脱毛を防ぎ、それにより正常な育毛を促進します。代表的なのはプロペシア、国内で有名なのは5α-Rです。

種類 効果 成分
抹消血管拡張剤 頭皮の血行促進 塩化カルプロニウム・苦参(クジン)エキス・セファランチン・センブリエキス・ニコチン酸ベンジル・ニンジンエキス・ビタミンE・トウガラシチンキ・ショウガエキス・メントール・ハッカ油など

育毛剤の多くがこのタイプ。頭皮の毛細血管を拡張することで血流量を増やし、これが毛乳頭への栄養補給を多くします。結果、育毛が促進されます。代表的な育毛剤は、ロゲインリアップといったミノキシジル系の医薬品です。

ただし、タバコの喫煙は血管を縮小し、育毛剤と逆の効果をもたらしますので、育毛剤を使用するならば禁煙することが望ましいです。⇒効果的な禁煙グッズ

種類 効果 成分
栄養補給剤 細胞の活性化
ビタミン不足の補給
ビタミンA・B2・B6・亜鉛・アセチルメチオニン・イノシトール・塩酸ピリドキシン・システィン・セリンなど

主にビタミンなどの栄養分を補給することで、毛母細胞に直接働きかけ、細胞の活性力を高めます。代表格はアランテ2薬用凌駕。サプリメントではイーストHattoが有名です。

種類 効果 成分
抗脂漏剤 皮脂分泌抑制
脱毛抑制
イオウ・チオキソロン・ビタミンB6・カシュウなど

過剰な皮脂の分泌が、フケやかゆみを頭皮に引き起こしています。これを抑制することで、脱毛を防ぎ、本来の自然な育毛を促します。育毛シャンプーのスカルプDはこのタイプです。

種類 効果 成分
保湿剤 乾燥したフケの角質軟化と水分保持 アルテア抽出液・アロエ抽出液・イチョウ葉エキス・オトギリソウエキス・海藻エキス・キトフィルマー・キナエキス・ゼニアオイエキス・ピロリドンカルボン酸ナトリウム・グリセリン・ピロリドンカルボン酸・ヒアルロン酸など

保湿タイプは女性向けの育毛剤によく見られます。育毛剤では黄金樹、育毛シャンプーではラサーナの製品が保湿効果を持つ育毛剤の代表格です。

種類 効果 成分
止痒・消炎剤 かゆみ予防 塩酸ジフェンヒドラミン・グリチルレチン酸など
種類 効果 成分
頭皮代謝活性化剤 皮膚呼吸関連酵素の活性化 パントテント酸・クロロフィル・ヒノキチオールなど
種類 効果 成分
殺菌剤 皮脂を栄養とする微生物の活動抑制 塩酸クロルヘキシジン・四級アンモニウム塩・感光素など
種類 効果 成分
角質溶解剤 角質を膨潤させフケ予防 サリチル酸・レゾルシン・乳酸など

今週の売れ筋総合ランキングです。今どのアイテムが人気かが分かります。

ランキング1位
ランキング2位
ランキング3位
ランキング4位
ランキング5位

人気急上昇中の育毛アイテムの注目度ランキングです。

ランキング1位
ランキング2位
ランキング3位
ランキング4位
ランキング5位

女性に人気が高い育毛アイテムの総合ランキングです。

ランキング1位
ランキング2位
ランキング3位
ランキング4位
ランキング5位

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 2013 育毛剤の比較ランキング All Rights Reserved.