毛生え薬(育毛剤の医薬品)の種類と副作用

育毛剤の比較ランキング

毛生え薬と呼ばれる育毛剤の医薬品について、種類や副作用の点から詳しく紹介しています。

育毛剤TOP > 育毛剤 > 毛生え薬

毛生え薬(育毛剤の医薬品)

医薬品

育毛剤は医薬品と医薬部外品、そして化粧品に該当する薬剤の三種があります。

みなさんも、テレビのCMなどで、医薬品や医薬部外品の言葉を聞いたことがあると思います。また、このどちらにも属さない育毛剤は、一般に化粧品の部類に属するようになります。

さて、毛生え薬の名でも知られている育毛剤の医薬品は、副作用の危険があり、扱い方にも十分な注意が必要とされます。以下に詳しく見ていきましょう。

毛生え薬の種類

毛生え薬は、現在、以下の三種類に分けられます。

プロペシア

プロペシア

プロペシアは、FDA(米国食品医薬局)によって正式にAGA治療薬として認可されたフィナステリドを含有する飲む育毛剤です。

前頭部や頭頂部から薄くなっていく男性型脱毛症(AGA)に効果を発揮し、主に抜け毛を抑制する効果が期待できます。

具体的には、抜け毛を引き起こす男性ホルモンDHTを生み出す変換酵素5α-リダクターゼを抑制する働きがあります。

プロペシアの詳細ページ

ミノキシジル

ミノキシジル

ミノキシジルは、FDAに最初に認められた育毛剤です。血管拡張作用があるため、もともと、高血圧の治療薬として用いられていましたが、使用患者に発毛や体毛が濃くなるなどの副作用があったため、育毛剤の成分として利用されるようになりました。

日本ではリアップが唯一ミノキシジルを含有していますが、含有率が1%であるため、効果が薄く、5%のロゲインの方が効果も高ければ値段も安いということで、ミノキシジルの育毛剤と言えば、世界的にロゲインが最も有名です。

塩化カルプロニウム

ミノキシジル

塩化カルプロニウムには、局所血管拡張作用があることから、外用薬を頭皮に塗布することで、その箇所の血管を拡張し、血行を良くすることができます。

その結果、毛乳頭細胞に十分な栄養が送られ、発毛が促進されます。こうして、塩化カルプロニウムは、毛生え薬の一つして、国内の医療機関でも広く利用されています。

なお、塩化カルプロニウムの代表的な育毛剤は、カロヤンガッシュなどの、第一三共ヘルスケアによるカロヤンシリーズです。

毛生え薬の副作用

育毛剤の医薬品には副作用がつきまとうため、どのような症状が生じるのか、詳しく覚えておきましょう。

【プロペシア】……主に性機能に障害が出る可能性が強いです。
  1. 性欲減退
  2. 勃起不全(インポテンツ)
  3. 精液減少
  4. その他――睾丸痛、発疹、かゆみ、頭痛、腹痛、肝機能の低下、動悸、じんましんなど。
【ミノキシジル】……さまざまな身体機能に障害が出てきます。プロペシアよりも可能性が高いです。
  1. 循環器系の異常……血圧低下、心拍数の増加、心筋梗塞など。
  2. 皮膚の異常……かぶれ、発疹、かゆみ、ふけ、頭部の熱感など。
  3. 神経系の異常+その他……頭痛、めまい、胸痛、手・足のむくみ(しびれ)、体重増加など。
【塩化カルプロニウム】……頭皮に異常が出る人が多いです。
  1. 頭皮の異常……頭皮の発疹 、発赤、腫れ、かぶれ、かゆみなど。
  2. 発汗……血管拡張作用による頭皮の発汗、全身性の発汗、悪寒、ほてりなど。
  3. その他……吐き気、嘔吐など。

以上、医薬品を扱う場合には注意をし、もし何らかの副作用や障害が出てきた場合は、すぐに育毛剤の使用を停止し、大事をとって医師に相談するようにしてください。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 2013 育毛剤の比較ランキング All Rights Reserved.