スピロノラクトン

育毛剤の比較ランキング

抗アルドステロン薬の一つであるスピロノラクトンの育毛効果と副作用について紹介しています。

育毛剤TOP > 発毛剤 > スピロノラクトン

スピロノラクトンとは

スピロノラクトンのローションタイプ

スピロノラクトン(spironolactone)とは、アルドステロンというホルモンの働きを抑える抗アルドステロン薬であり、通常は利尿剤として、もしくはむくみを抑えたり、血圧を下げたりするために用いられています。

また、スピロノラクトンは女性ホルモン作用を持つため、にきびの治療や、テストステロンによって促進される体毛部位の多毛症を抑える薬としても使用されています。

現在では、スピロノラクトンの持つこの女性ホルモン作用が注目され、男性型脱毛症(AGA)の原因となっているDHT(デヒドロテストステロン)を抑える薬として、育毛の用途に用いられています。

有名なフィナステリドなど通常のDHT抑制薬と違って、スピロノラクトンの場合は、DHTの形成そのものを阻害するのではなく、DHTの形成後に(つまり血中のDHT濃度を下げることなく)、毛包のレセプターサイトに付着しようとするDHTに対し、強力なインヒビター(抗体)としての作用する効果を持ちます。

この場合、毛包に不自然な萎縮が起こることもないため、毛髪は正常な大きさまで成長することができます。

実際、スピロノラクトンの使用者の統計結果として、70~75%の割合で発毛が確認されています。

スピロノラクトンの副作用

スピロノラクトンには女性ホルモン作用があるため、しばしば、女性化乳房の現象が副作用として生じる場合があります。

男性は乳首が腫れて痛みを伴ったりもしますが、女性の場合も乳房痛が生じたり、生理不順を起こしたりする可能性がありますので、注意が必要です。

なお、フィナステリドのように妊娠している女性への副作用はありませんが、腎障害としての副作用が生じる可能性があるとされています。

また、スピロノラクトンの使用者は、血中のカリウムが増大する傾向にあります。これにより、悪い場合は精神的な変調や不整脈などの症状が出る場合があります。

スピロノラクトンを使用される方は、定期的な血液検査を必ず受けることでこうした副作用が生じないように気をつける必要があります。

重篤な副作用 急性肝不全などの肝障害、高カリウム血症、不整脈
その他の副作用 女性化乳房、嘔吐、めまい、だるい、頭痛、発疹

なお、スピロノラクトンにはローションタイプとリキッドタイプが販売されており、ローションタイプの方が効果は高いですが、欠点として悪臭がありますので注意してください。

スピロノラクトンのローションタイプ ⇒スピロノラクトンのローションタイプ(5%)
スピロノラクトンのクリームタイプ ⇒スピロノラクトンのローションタイプ(5%)

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 2013 育毛剤の比較ランキング All Rights Reserved.