頭皮ケアの方法

育毛剤の比較ランキング

正しい頭皮ケアの方法と手順から、頭皮を健康にすることの意義まで詳しく紹介しています。

育毛剤TOP > 育毛 > 頭皮ケア

頭皮ケアと皮脂

頭皮ケアの目的は、頭皮を健康にすることです。そして、頭皮の健康を阻害するのが、まずは皮脂です。

皮脂が多すぎるとフケや雑菌の原因となり、頭皮の衛生状態は悪化して、抜け毛や薄毛を招きます。ひどい場合は、脂漏性脱毛症になることもあります。

一方で、皮脂の取りすぎもよくありません。育毛効果を謳った安物のシャンプーなど、皮脂をごっそり取り除いてしまうものがあります。皮脂が足らなすぎると、皮膚は乾燥して、保湿機能や感染予防機能などを失います。

すると、身体は足りないものを補おうとしますので、結局は、皮脂の過剰分泌をもたらします。

したがって、皮脂は多すぎても少なすぎてもよくありません。つねに頭皮に適度な皮脂があることが大切であり、このバランス状態を頭皮ケアでは心がけるようにします。

頭皮ケアの方法

頭皮ケアの基本は、まず生活習慣の改善が前提です。ストレスの問題は自分では改善しにくい場合がありますが、特に、食事面における必要な栄養摂取は自分次第で改善できますので、とても大切です。

頭皮ケアでは、こうした基本的事項に加えて、以下の四つの方法を実践していきます。これにより、頭皮ケアの効果がよりいっそうアップします。

1. 頭皮専用の育毛シャンプー

頭皮ケアの第一は、毎日の正しい洗髪にあります。

界面活性剤がたくさん入った市販のシャンプーを使っていると、いくら他に高価な育毛剤を使ってみても効果は台無しです。

頭皮ケアでは、頭皮になるだけ刺激を加えないために、アミノ酸系の育毛シャンプーを使うようにしましょう。頭皮に正しく潤いを与えるだけでなく、抜け毛や切れ毛の防止などにも役だってくれます。

この場合、頭皮が脂っぽい人は、オイリータイプの育毛シャンプーを使うと効果的です。また、逆に頭皮が乾燥している人は、ドライタイプの育毛シャンプーか、馬油が入っている育毛シャンプーを使うと大変効果的です。

2. ブラシケア

育毛シャンプーで重要なのは、洗髪中にできるだけ頭皮を傷つけず、皮脂や汚れをきれいに落とすことです。

しかし、残念ながら、人間の指だけではなかなかうまく落とすことができません。そのため、シャンプー用の育毛ブラシがたくさん販売されています。

最も有名なのは、モミダッシュでしょう。シャンプー時に使うブラシとしては当サイトではまずモミダッシュを勧めています。

3. 頭皮マッサージ

正しい頭皮シャンプーを行った後は、頭皮マッサージを入念に行います。

頭皮ケア用の頭皮マッサージは、頭皮の血行をよくすることが第一です。頭皮の血行が悪いと、頭皮が硬くこわばって、抜け毛の原因となってしまいます。

そのため、頭皮をできるかぎり柔らかく、リラックスさせてやることが大事なのです。

頭皮マッサージの詳細については、「頭皮マッサージの方法」をご参照ください。なお、洗髪後の頭皮マッサージと併せて育毛剤を使用すると血行促進がさらに高められます。

4. ホホバオイルや椿油、馬油を使った頭皮ケア

洗髪後の頭皮マッサージと併せて、頭皮にホホバオイル椿油馬油など、人間の皮膚に浸透しやすいオイルを塗布してあげると効果的です。

どう効果的かと言うと、これらのオイルにより、洗髪後の過剰な皮脂分泌を抑えることができます。

また、皮脂がもともと少ない人は、これらのオイルにより頭皮に適度な皮脂が保たれることになります。

結果として、頭皮ケアの効果が高まり、フケやかゆみの防止はもちろん、育毛中の毛髪の成長を促進させる効果が期待できるようになります。

PRO BIO

PRO BIOは、オーストラリアの雄大な大地で、農薬や化学肥料を一切使用しない完全オーガニック栽培で育てられた最高品質のホホバオイルです。権威あるオーストラリアのホホバ協会からも正式な認定を受けており、現在、国内で入手できるホホバオイルとしては最高級のクオリティとなっています。

詳しい解説 ホホバオイルの育毛方法 PRO BIOの公式サイト

PRO BIO

男女兼用
¥3,000 30ml 星4

今週の売れ筋総合ランキングです。今どのアイテムが人気かが分かります。

ランキング1位
ランキング2位
ランキング3位
ランキング4位
ランキング5位

人気急上昇中の育毛アイテムの注目度ランキングです。

ランキング1位
ランキング2位
ランキング3位
ランキング4位
ランキング5位

女性に人気が高い育毛アイテムの総合ランキングです。

ランキング1位
ランキング2位
ランキング3位
ランキング4位
ランキング5位

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 2013 育毛剤の比較ランキング All Rights Reserved.