育毛シャンプーのやり方・方法

育毛剤の比較ランキング

育毛シャンプーの正しいやり方を紹介しています。

育毛剤TOP > 育毛シャンプー > 育毛シャンプーのやり方・方法

育毛シャンプーのやり方・方法

育毛シャンプーを効果的に使用するための適切な手順を紹介します。脱毛の症状や頭皮の状態に合わせて変化をもたらすことは可能ですが、基本的には以下の7つの手順に従うとよいでしょう。育毛のためのシャンプーは、二度洗いが基本であることを覚えておいてください。

 
予洗い

頭皮を丁寧に扱うためには、シャンプーを一度で決めようとしてはなりません。まずは、水や湯だけで2~3分軽めに洗い流します。これを予洗いと言います。

この予洗いをすることにより、シャンプー前に髪と頭皮に十分なお湯をなじませることができます。結果、頭皮に水の皮膜をつくり、頭皮や毛穴への刺激をやわらげて緊張を緩和することができます。また、髪の汚れやほこりなどを洗い落とし、シャンプー剤の泡立ちをよくします。

 
本洗い(1回目)

手に少量のシャンプーを取り、いきなり髪につけずに、まずは手のひらで十分に泡立ててから髪につけはじめます。

このとき、髪全体に無作為につけたり、髪の薄い部分からつけはじめるのではなく、髪の多い部位からつけはじめます。そこでよく泡立てて、その泡を髪の薄い部分にもっていくようにします。なるだけ強い刺激を与えず、汚れを落とすというより、頭皮や毛穴の緊張をゆるめ、マッサージする目的を持って洗うようにするのがコツです。

 
マッサージ

爪を立てないように気をつけながら、軽く力をこめ、指の腹で頭皮をマッサージしていきます。爪が伸びていたりすると、頭皮の毛細血管を傷つけてしまい、炎症を助長してしまうので細心の注意が必要です。

 
シャンプーブラッシング

頭皮に炎症がある場合をのぞいて、育毛用のシャンプーブラシなどで軽くなでるように洗います。前から頭頂部に、横と後ろは下から上にむかって整髪する要領で頭皮の毛穴をなでていきます。シャンプーブラシはモミダッシュがおすすめです。

 
すすぎ(1回目)

たっぷりのお湯と時間をかけて丁寧にすすぎます。

 
本洗い(2回目)

1回目よりもシャンプー剤の量を減らし、1回目と同じ要領で髪につけ、洗い始めます。頭皮が弱っている方は、1回のシャンプーで終了してください。また、スカルプDなどの洗浄力が強い商品も1回のシャンプーで十分でしょう。

 
すすぎ(2回目)

最後のすすぎですので、シャンプー剤の残りがないように丁寧に洗うようこころがけます。シャワーの水流が頭皮に直角に当たるようにして洗います。オイリータイプで皮脂が多い方は、すすぎの後に冷たいお湯に頭皮をひたし、毛穴をしめるようにします。

今週の売れ筋総合ランキングです。今どのアイテムが人気かが分かります。

ランキング1位
ランキング2位
ランキング3位
ランキング4位
ランキング5位

人気急上昇中の育毛アイテムの注目度ランキングです。

ランキング1位
ランキング2位
ランキング3位
ランキング4位
ランキング5位

女性に人気が高い育毛アイテムの総合ランキングです。

ランキング1位
ランキング2位
ランキング3位
ランキング4位
ランキング5位

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 2013 育毛剤の比較ランキング All Rights Reserved.