フケ症の原因と対策

育毛剤の比較ランキング

薄毛を引き起こすフケ症の原因と対策を紹介しています。

育毛剤TOP > 育毛 > フケ症

フケ症

フケ症

毎日かかさずシャンプーやリンスをしているのに出てくるフケ。頭のかゆみもとまらない・・・。

そんな、頭皮のトラブルに悩まされている方が、男女を問わず、増えつづけています。

フケ症は、頭皮が何らかの異常を知らせているシグナルと見ることができます。

放っておくと、にきびや脱毛症などの症状へと進展してしまいますので、気になりはじめたら早めの対処・予防をこころがけるようにしましょう。

フケはなぜ出るの?

頭皮は幾重にも重なる細胞によって構成されており、その最下層にある基底細胞は、日々、分裂を繰り返しています。

そのため、新しい層が作られると、古い層は皮膚の表面へと押し上げられて、角質化した細胞として頭皮から剥がれ落ちていきます。

この「角質化した古い細胞」こそが、フケにほかならないのです。

したがって、フケそのものは、人間にとっての自然な生理現象なのです。ところが、何らかの原因によって層のサイクル(ターンオーバー)が乱されると、サイクル自体が速くなって、剥がれ落ちる角質細胞(フケ)も多くなり、これがフケ症として見られるようになります。

フケ症が招く薄毛

フケが多いと、頭皮の毛穴が塞がれてしまいます。

その結果、毛穴の中の皮脂や汚れが排出されずに溜まりやすくなり、頭皮の炎症・発疹・にきびなどの原因となります。

また、頭皮が脂性の人は、大量のフケと皮脂が混ざり合うことで、脂漏性皮膚炎を引き起こし、これが知られずに放っておかれると、症状が悪化して脂漏性脱毛症となり、ヘアサイクルが乱れて抜け毛が増加します。

フケ症の原因1 男性ホルモン

まずは男性ホルモンです。

男性ホルモンが増えると皮脂の量も増加するため、皮脂を栄養源としている頭皮の菌(誰にでも存在します)が繁殖するようになり、これが大量のフケを誘発します。

この菌は、癜風菌(でんぷうきん)といい、カビの一種です。この癜風菌が皮脂を脂肪酸に分解すると、角質の新陳代謝(ターンオーバー)が速くなり、角質はどんどん剥がれ落ちてフケ症となります。

これもやはり、主に生活習慣の乱れから来ていると言われています。夜更かしやコンビニ食、運動不足、ストレスが多い生活など、これらすべてが男性ホルモンの増加につながっています。

フケ症の原因2 シャンプー剤

シャンプーやリンスが頭皮に合わない場合、フケ症を引き起こします。

また、シャンプーなどのやりすぎもフケ症の原因となります。

これは、女性の薄毛に多いことです。市販のシャンプーやリンスを毎日しっかりやって、逆に頭皮を傷め、しばしばフケ症を誘発して、脱毛症へと導かれてしまいます。

この場合は、湯シャンに変更するか、無添加のアミノ酸シャンプーを使用するようにしてください。シャンプー剤を変えるだけで、多くの方がフケ症と薄毛を改善されます。

今週の売れ筋総合ランキングです。今どのアイテムが人気かが分かります。

ランキング1位
ランキング2位
ランキング3位
ランキング4位
ランキング5位

人気急上昇中の育毛アイテムの注目度ランキングです。

ランキング1位
ランキング2位
ランキング3位
ランキング4位
ランキング5位

女性に人気が高い育毛アイテムの総合ランキングです。

ランキング1位
ランキング2位
ランキング3位
ランキング4位
ランキング5位

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 2013 育毛剤の比較ランキング All Rights Reserved.