ドライヤーの正しい使い方

育毛剤の比較ランキング

髪と育毛のための正しいドライヤーの使い方を紹介しています。

育毛剤TOP > 育毛 > ドライヤーの使い方

ドライヤーの使い方

ドライヤー

シャンプー後の濡れた髪を放置しておくと、水分が蒸発していくなかで、頭皮の温度はどんどん下がっていきます。

頭皮の温度が下がると、血行が悪くなって栄養や酸素が十分に頭皮に行き渡らなくなり、薄毛や抜け毛の原因となってしまいます。

育毛剤の多くは、頭皮の血管を拡張して血行を良くするものであるため、育毛剤の作用も妨げられてしまうのです。

また、洗髪後の濡れた髪は傷つきやすく、ましてや自然乾燥であるならばキューティクルは水分を吸って軟らかくなり、とても剥がれやすい状態になります。

これが、髪のパサつきや切れ毛、枝毛などの、特に女性にとってはやっかいな髪のトラブルを引き起こしてしまうのです。そのため、洗髪後には髪を正しく乾かす習慣をつけましょう。

ドライヤーの問題点

ドライヤーは高温です。適度に水分を保った髪にドライヤーを当てすぎると、髪から水分が失われてしまい、キューティクルが痛んでしまいます。

キューティクルが痛むと、髪の毛同士の接触や、布団や枕などとの接触によって、髪は簡単に折れたり、欠けたりします。

こうして、髪が弱く細っていればいるほど、抜けやすくなり、薄毛の直接的な原因となることもしばしばなのです。

正しいドライヤーの使い方

以下の点をまず基本として覚えてください。

  1. 洗髪後、乾いたタオルで水分を拭き取る。いわゆるタオルドライですが、ポイントは、大きめのタオルを使い、ゴシゴシやるのではなく、髪をはさんで押さえるような感覚で水分を拭き取っていきます。
  2. ドライヤーをかける。ポイントは、弱の設定で低温にし、なるだけ短時間で済ませることです。
  3. ドライヤーは、髪だけでなく頭皮も乾かすつもりで髪の根元にまで風を送ります。根元から毛先へと向かって乾かすことで、効率よく水分を蒸発させることができます。ここでのポイントは、髪とドライヤーを最低20センチ以上離し、一箇所に集中せずこまめに動かすことです。

短髪の方は、1のタオルドライだけで十分です。髪が長く、タオルドライだけで乾きにくい方は、上記の点に気をつけて、ドライヤーの正しい使い方を習得しましょう。

なお、朝のスタイリングの時などにドライヤーを使う場合は、使用前に必ず髪を湿らせるようにしてください。水でなくとも、ムースやローションなどのスタイリング剤でも大丈夫です。

髪に必要な水分をあまり飛ばしすぎず、乾燥させすぎないように注意することが大切なのです。スタイリング後には、ヘアクリームをつけると良いでしょう。髪の傷みを軽減するため、薄毛予防になります。

今週の売れ筋総合ランキングです。今どのアイテムが人気かが分かります。

ランキング1位
ランキング2位
ランキング3位
ランキング4位
ランキング5位

人気急上昇中の育毛アイテムの注目度ランキングです。

ランキング1位
ランキング2位
ランキング3位
ランキング4位
ランキング5位

女性に人気が高い育毛アイテムの総合ランキングです。

ランキング1位
ランキング2位
ランキング3位
ランキング4位
ランキング5位

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 2013 育毛剤の比較ランキング All Rights Reserved.